Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.

お問合わせ

言語の変更

清掃ロボット(自動床洗浄機)は、製造工場・物流倉庫で使用できます。

​増えつつある倉庫向けの清掃ロボット

ロボットは、産業用の環境では新しいものではありません。実際、1961年までに、ニュージャージー州のゼネラルモーターズのダイカスト工場でロボットアームが使用されていました。最初の産業用ロボットアームは、1970年代初頭にKukaという会社によって開発されました。今日、製造スペース用のロボットアームやその他のタイプのロボットを製造しているロボット企業が数百社あります。
しかし、新しいコンセプトとは、清掃ロボットを使用して、製造工場や倉庫などの産業環境の床を洗浄することです。 2018年にテナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)T7AMRの発売により、これらの大きなスペースを自律的に清掃できるため、床を常に清潔に保ち、生産性を向上させ、業務の中断を回避する機会が得られます。産業施設は動的で忙しい環境ですが、清掃ロボット(自動床洗浄機)は、清掃が、二次的な懸念事項となりがちな製造工場・物流倉庫に適したソリューションです。清掃ロボットが、定期的にダウンタイムが発生する可能性のあるエリアを清掃することにより、労働力をより生産性の上がる仕事に配置し、コアビジネスの生産性が向上します。
 
清掃ロボットが床洗浄するのに適したスペース:
・広いスペース(在庫保管・通路・積み込み場など)
・ダウンタイムはあるが清掃が必要なエリア
・休憩室/食事エリア
 
清掃ロボットは、少なくとも1日3時間、週5日清掃される広いオープンスペースに最も効率的です。清掃ロボット(自動床洗浄機)で、建物ごとに複数のルートを清掃できます。ただし、傾斜路を上下することはできず、狭い廊下や廊下では課題が生じる可能性があるため、事前に施設を検討してください。清掃清掃ロボット(自動床洗浄機)は、あらゆる種類の清掃ロボットの中で最大かつ最も急速に成長しているカテゴリであり、来年には25億ドルの産業になるでしょう。清掃ロボットを持つことは、チームに一貫性のある信頼できる社員を追加するようなものです。清掃ロボット(自動床洗浄機)は、データとパフォーマンスの追跡を通じて運用を改善し、社員を維持し、会社のブランドを強化します。



お問い合わせ

​​​​​

詳細情報

最新の記事

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した「グリーンクリーニング」とは

テナントカンパニーの自動床洗浄機を活用した環境・人にやさしい「グリーンクリーニング」についてご案内します。

テナントカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)は、北米・日本で、すでに東京ドーム約 8000 個分を清掃!

AI 搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、北米・日本を中心で導入が進み、東京ドーム約 8000 個分のエリアを清掃しています

テナンカンパニーのAI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)の安全性について

AI搭載清掃ロボット(自動床洗浄機)『T7AMR』は、安全性が高い清掃ロボットとして定評があります

テナントカンパニー(床清掃機・スイーパー)納入事例(オーストラリア):リサイクル工場

テナントオーストラリアは、リサイクル工場に乗車型床清掃機S20を納品しご活用いただいております。

さらに記事を読む

ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​