Skip Ribbon Commands
Skip to main content
 
Tennant Worldwide

Please select your region and language to view product offerings:

Please make a selection.
電話番号: 045-640-5630
​​​​​
ホーム»製品»

業務用スイーパー(床清掃機)を選ぶポイント

お問合わせ

言語の変更

Untitled Document

業務用スイーパー(床清掃機)の種類

 

ゴミを集めて回収する業務用スイーパー(床清掃機)には、「歩行型」と「搭乗型」の2種類があります。どちらも操縦は1名で行います。

1.歩行型

歩行型は持ち手が付いており、それを進行方向に向かって押す形でゴミを回収します。多くがコンパクトなサイズなので、エレベーターに乗せて移動させることも可能です。狭い通路や障害物の多い場所の清掃に適しており、スイスイと移動して紙くずからホコリまで効率よく回収します。

2.搭乗型

搭乗型は、座席に座って操作を行うタイプです。ボディが歩行型に比べて大きいので、空港や倉庫、工場など広範囲の清掃に最適です。前方についた大きなブラシでミクロのチリから小石までスピーディーに回収します。スタートはスイッチで操作するだけで、あとはマシンが自動的に行ってくれるため、清掃員の負担を減らします。

業務用スイーパー(床清掃機)が出来ること

 

業務用スイーパー(床清掃機)は屋内でも屋外でも使用できるので、さまざまな場面での活躍が期待できます。歩行型、搭乗型ともにサイズが豊富で、使用環境に合わせたマシンを選択しましょう。

例えば、事務所やオフィスなどの比較的狭い場所での清掃では、歩行型スイーパー(床清掃機)を使用することで机や棚などを避けながら安全に効率よくゴミを回収します。バッテリー式を選べば操作音が小さいので、騒音で周りに迷惑をかける心配もありません。

また、物流倉庫や機械工場などの広い場所では、大型の搭乗型スイーパー(床清掃機)がおすすめです。大きなブラシでスピーディーにゴミを回収します。さらに屋外での使用も可能なので、駐車場の清掃にもピッタリです。性能が高くチリやホコリといったミクロのゴミも回収できるので、職場の衛生面向上につながり、従業員の健康を守ります。

スイーパー(床清掃機)の操作性について【清掃機器】

 

スイーパー(床清掃機)は家庭用掃除機と外装が異なるため、初めは戸惑うかもしれませんが、操作は非常に簡単です。テナントのスイーパー(床清掃機)の場合、動作の開始・停止は、歩行型も搭乗型もスイッチで行えるほか、最新型ではスマートフォンのようにタッチパネルで行えるものもあります。また、清掃中も操縦者からの視界が広いため、歩行者にぶつかることなく安全に効率よく作業を行います。

定期的なメンテナンスにおいては、工具不要でブラシやフィルターの交換ができ、時間や手間をかけずに性能を長く維持できます。

スイーパー(床清掃機)を選ぶポイント【清掃機器】

 

スイーパー(床清掃機)を選ぶ際には、次の2点がポイントになります。

1.使用する環境や広さに合っているか?

実際に使用する際には、清掃環境の面積や清掃頻度、床材などから最適な種類と台数を導入することが重要です。製品ごとにサイズや1台あたりの清掃可能な面積、適した清掃環境などがあるので、それらを考慮して選ぶことで、大きな清掃効果を期待できます。

2.メンテナンスは負担にならないか?

性能を維持し、製品を長く使うためのメンテナンスは非常に重要です。スイーパー(床清掃機)においては、ブラシやフィルターの交換が挙げられます。これらにかかる手間が少ないほど負担も少なく、かつ安心して長く使用できます。

以上のポイントに注意して環境に合ったスイーパー(床清掃機)を使用することで、清掃にかかる時間やコストを削減し、安全で衛生的な職場を実現できます。

​​​​​

詳細情報


ホーム| サイトマップ| 個人情報保護方針| 利用規約| 売買条件 ​​​